FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

日本小動物医療センター 画像診断科受診

鼻腔内をCTスキャンで詳しく調べて頂きました。
マルチスライス、ヘリカル?スキャンだったかしら・・・。
ミリ単位で詳しく中を覗く事が出来ます。

CTスキャン画像*2008年1月18日

↑真上からの撮影。
左の鼻腔内に高吸収性変化が見られます。
(CTの画像は右側と左側逆です)

CTスキャン画像**2008年1月18日

↑同じく画面向かって右側、左の前頭洞に高吸収性変化が見られます。

この後、造影剤を導入して詳しく調べましたが、造影効果は認められませんでした。
画像診断科の担当医の狩野先生の診断は・・・
【炎症性病変が第一に疑われますが、腫瘍性病変を完全に否定できるものではありませんので、
治療に対する反応を見ながら再度検査を行う必要性があるものと考えられます】との事でした。

この時はとても喜んだのを覚えてます・・・。
その一ヵ月後に地獄のどん底に突き落とされるのですが。。。


スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

りん

Author:りん
**********************************
主役 コーギー犬 新之助
鼻腔内腫瘍腺癌の治療中!
癌で戦っている飼い主さん
&ワンちゃんの為に
情報を発信出来たら幸いです
**********************************

カレンダー

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

いくつになったの

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。