Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

病理組織学的診断結果(鼻腔内バイオプシー)

かかりつけのホームドクターにセンターから診断結果が送られている頃なので
日本小動物医療センターは2次施設でホームドクターの紹介状が無いと
診察を受ける事が出来ません) 恐る恐る電話してみました。
ホームドクターははっきりとした、しかし優しい口調で
腺癌の疑いを伝えて下さいました。
これからの治療は高度医療の分野になるので日本小動物医療センターへ任せる事に。

この時、どのようにして日本小動物医療センターへ電話したかは
記憶がありません・・・。かなり動揺しておりました。
画像診断科の新之助の担当の河合先生にこれからの事を相談しました。
鼻腔内腺癌の疑いとの事ですが、
まずは(ホルマリン漬けになって保管されている)疑いのある部分の細胞だけを
再度培養してもう一度精密な病理検査として標本を作ってもらうことになりました。

癌の疑いのままで終わって欲しかった・・・その当時の感想です

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

りん

Author:りん
**********************************
主役 コーギー犬 新之助
鼻腔内腫瘍腺癌の治療中!
癌で戦っている飼い主さん
&ワンちゃんの為に
情報を発信出来たら幸いです
**********************************

カレンダー

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

いくつになったの

カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。